大阪市福島区の歯科・歯医者なら八田歯科 JR東西線 新福島駅から徒歩1分 JR福島駅から徒歩5分
JR福島駅徒歩5分、阪神福島駅徒歩1分
ネット予約
お電話でのご予約は06-4796-1115
訪問時間・アクセス

金属アレルギー

ホーム > 金属アレルギー

当院のアレルギー治療

口腔内の金属除去後、金属以外の修復物での治療(ノンメタル治療)

・CR(レジンやプラスチック)
・CAD/CAM(保険の白い歯)
・セラミック(陶材)
・ジルコニア(人工ダイヤモンド)

残存する歯の本数や部位、条件によるが、保険治療では、CR、CAD/CAMが使用されます。
自費治療でのセラミック、ジルコニア治療では、全ての部位の修復に対応可能です。
※ごく稀にCR(レジン)のレジンアレルギーの方もいらっしゃいます。

なお、皮膚科での金属パッチテストの結果を持参して頂けた場合、 当院では、奥歯まで保険適応で白い被せ物に変えることが可能です。

金属アレルギーとは

歯科治療に使用した金属が長年使用している間にお口の中に溶け出し、それが過剰に体に取り込まれることでアレルギー反応が起きてしまう、これが金属アレルギーです。

金属アレルギーの症状は、お口の中の頬粘膜や歯肉だけでなく直接金属が触れていない全身にも現れます。このような場合、アレルギーの原因となる金属を除去することで、口腔内疾患・皮膚疾患が治癒あるいは軽快します。
思い当たる症状があるが皮膚科での治療で治らないという方は、一度歯科の受診をお勧めいたします。

 アレルギーの原因となりやすい金属には、コバルト、ニッケル、クロム、パラジウム、亜鉛、銅、水銀などがあります。どんな種類の金属にアレルギー反応を起こすかを調べるには、皮膚科による金属パッチテストが有効です。  

※ 金属パッチテスト
皮膚表面(背部や上腕)に金属を含んだ試薬を貼付することにより、どの金属に反応するのか調べる  方法です。詳しい方法や期間などは直接皮膚科にお問い合わせください。

口の中の詰め物が原因?

ネックレスなどの金属が肌に触れることで、皮膚に湿疹やかぶれなどの症状を引き起こす金属アレルギー。実は、口の中の金属の詰め物が原因で起こることがあります。金属アレルギーには個人差があり、自覚症状が全く出ない人もいれば、皮膚に発疹ができる、手や足の皮がむける、などの症状が出る人もいます。
歯の治療では、金属の詰め物をして何年も経ってから突然発症することもあり、すぐに症状が現れるとは限らないので、口の中の金属が原因だとは思いもしない人が多いようです。

金属アレルギーのメカニズム

歯の治療で使用する詰め物や被せ物の金属材料には、水銀アマルガムや金銀パラジウムなど、アレルギーを起こしやすい金属が使われています。この金属が唾液で溶け出し金属イオンとなり、体内でタンパク質と統合し、新しいタンパク質を作ります。これが異物とみなされると、免疫が過剰反応し、アレルギー症状を引き起こします。

ご案内 診療時間表

※土曜日の午後診療は14:30~17:30
※木曜日の午後診療は14:30~16:00
【休診日】日曜日・祝日

急患対応、各種保険取り扱い JR東西線 新福島駅歩1分,阪神福島駅歩1分,JR福島駅歩5分

所在地:大阪府大阪市福島区福島3-13-6
  アルグラッド福島EAST-1F
tel:06-4796-1115

案内図
車いすOK ベビーカーOK 個室診療 カウンセリングルーム完備 マタニティ歯科
メールお問い合わせ